2015.06.08

2014年アスレバルのフィナーレで、花の種をつけた風船を飛ばしています。
その風船が、金沢村田製作所さんの
お庭にたどりついたそうです。
昨年の6月28日に種まきを行い、
今年の5月末に綺麗な花を咲かせて下さいました。
さっそくお電話があり、見せて頂く会を設け交流となりました。
お礼に2つのプレゼントをしてくれました。


ドングリの木のドンちゃんと、
カブトムシのカブちゃんのお話をしてくれました。
カブちゃんは木の蜜を、
ドンちゃんはカブちゃんの幼虫のうんちに栄養を
もらって生きているんだよ。
森の世界でも、海の世界でも、生き物はそれぞれ
助け合って生きていることを教えて下さいました。


綺麗なお花が咲いたお庭には、
かぶとむしの幼虫がたくさんいるそうです。
そこでお礼に、幼虫を分けてくださいました。
大喜びの年長組さんは、大切に育てる約束をしました。



子どもたちからは、かぶとむしについての質問がたくさんでました。
子どもたちの質問や感想にも丁寧に答えて下さいました! 
ありがとうございます。




実際に咲いたお花を写真に残してくれていました。
赤いポピーがとても綺麗に咲いています♪




実際に飛ばしたお手紙です、
風船に乗ってやってきたそうですよ…




村田製作所さん、
ご縁がありこんな素敵な時間をありがとうございました!!
来る6月17日のアスレバルでは、今年も花の種を付けた風船を飛ばします。
どこにいくのか、今からとても楽しみにしています。


お知らせ